スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不適切な請求での返還19億円減の36億円(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は12月25日、2008年度に不適切な請求があったとして医療機関に返還を求めた額が36億6000万円だったと発表した。前年度に比べ約18億9千万円減った。

 「平成20年度における保健医療機関等の指導及び監査実施状況について(概況)」によると、医療機関などへの監査や指導による返還額の合計は36億6112万円。04-07年は、53億-66億円の間で推移しており、過去4年を大きく下回った。内訳は、指導による返還額が25億2258万円(前年度23億5800万円)、監査による返還額は11億3854万円(前年度31億8908万円)で、指導による返還額は前年よりも高かったものの、監査による返還額が大きく減った形。

 また、指定取消となった医療機関は前年度から19件減の33件。その内訳は、医科が14件、歯科が17件、薬局が2件で合計33件だった。取り消しのきっかけは保険者等からの通報によるものが22件に上る。保険医等の取り消しは医師13人、歯科医師26人、薬剤師2人で合計41人(前年度61人)だった。


【関連記事】
不正請求で通所介護事業所指定取り消しへ―東京
医師ら50人の行政処分を公表―厚労省
診療報酬の不正で返還55億円超
保険医への指導・監査の移管で要望書
長野の医療用器械販売会社が事業停止

お茶が大好き
null
出会いランキング
無料携帯ホームページ
ネイルサロン
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

コサスキー

Author:コサスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。